メディプラスゲルができたわけ

メディプラスゲルの販売元は、メディプラスオーダーズという会社ですが、
その代表を務めていらっしゃるのが、恒吉明美さんです。
ウェブサイトなどの写真でご覧になった方も多いのではないかと思います。

その恒吉さん、写真で見る限り、41歳とは思えない若々しく美しい肌の持ち主ですが、
昔は敏感肌でその症状に悩んでいらしたそうです。
美容皮膚科で肌のカウンセラーとして活躍されていても、自分の敏感肌に合うコスメは見つけられずにいらした恒吉さん。

あらゆるスキンケアを試したものの、美しい肌を手に入れられず、ないなら自分で作るしかない、と
メディプラスオーダーズを設立し、メディプラスゲルを開発されたそうです。

恒吉さんが試行錯誤の末に辿りついた答えは、「スキンケアは最小限でいい。」というもの。
自分の肌を信じて、潤いを与えること以外、何もしないことが一番と仰っています。

メディプラスゲルがオールインワンゲルであることで、本当にこれ一本で大丈夫なの?と不安に思われる方もいらっしゃると思いますが、
肌に余分な負担を与えない最小限かつ十分な保湿を実現するオールインワンゲルとしてのメディプラスゲルが今多くの女性の支持を集めているようです。

メディプラスゲルがオールインワンである理由

メディプラスゲルがオールインワンであることには、とても大切な理由があります。

それは、肌の手入れの中でおこる肌の摩擦から肌を守るためというのが最大の理由です。

別の記事でも書きましたように、開発者の恒吉さんが試行錯誤の後、
「スキンケアは最小限でいい。」と答えを見つけ、開発したのがメディプラスゲルです。

肌の手入れによって、かえって肌にダメージを与えないように、
肌にふれる回数を減らしたいということから、オールインワンが開発されています。

もちろん、オールインワンゲルという形態に開発された理由は、それ以外にも、
より継続性を高めたいという開発者の願いもあります。

そのためもあって、メディプラスゲルは定期コースが基本となっています。

オールインワンゲルであれば、コストパフォーマンスも高く、手間もかかる時間も軽減させることができます。

忙しい中でも、メディプラスゲル1本でスキンケアでき、美しい肌づくりを!というコンセプトからもメディプラスゲルはオールインワンゲルとして製品化されたようです。

メディプラスゲルに使用される水へのこだわり

どんな美容液でも、やはり水というのが最も多い成分です。
当然、使用される水も大切になってきます。

多くの場合、精製水が使われているのではないでしょうか。

メディプラスゲルでは、精製水の代わりに温泉水が使われています。
温泉水には多くの美容成分が含まれています。

水にこだわり、温泉水を使用することでより美容効果を高める努力がなされているそうです。

メディプラスゲルDX

メディプラスゲルには、メディプラスゲルDXという商品もあります。

メディプラスゲルDXというのは、より本格的なエイジングケアのためのオールインワンゲルです。

メディプラスゲルには、62種類の美容成分が配合されていますが、
それに加え、さらに、14種類の美容成分が配合されています。

もちろん、メディプラスゲルと同様、合成乳化剤フリー、香料フリー、合成着色料フリー、防腐剤フリーで、
パラベンもフェノキシエタノールも無添加です。

年齢肌にハリを与える特濃浸透ゲルとして、多くのクリニックで取り扱いが行われています。

メディプラスゲルの効果:目の下のくま

人間の顔の中で目元というのは、大変大切ですので、
目の下にくまができたりすると大変気になります。

目のくまを改善する方法はいくつもありますが、
目のくまの中でも、青クマには保湿が重要です。
ですので、青クマの改善に効果があるのが、コラーゲン・セラミドが配合されたコスメです。

メディプラスゲルは、セラミドに加え、コラーゲンも配合されていますので、
目のくまを改善したい方にも人気があります。
目の下のくま解消法~目のくまを消したい!というサイトで、
メディプラスゲルが青クマ対策のコスメとして紹介されています。